読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫型忍者のエオルゼア活動記

エオルゼアで遊んだことを思ったままに。

意外と狭いぞネトゲの世界

今週の分ぶんどりに行こうとCFでアレキ3層に行った時のことです。

 

忍者で行くときは叱咤を使う関係でパーティのジョブを確認してるんですけど、その時なんとなく名前まで見るんですよ。そしたらまあ見知った名前がありまして。

 

ほぼほぼ毎日話してる友人と、そのフレンドさんがいたんですよね。こんなこともあるんだなぁ、と驚きました。

 

私は早々に気づきましたけど、友人はまったく気づいてない様子。別に教えてもよかったけど、なんか面白そうだったので黙ってました。

 

そしてボスと交戦してる時に友人がやっと気づいたらしく。その時のリアクションが面白くてですねw

こっちとしてはやっと気づいたんかい!、って感じでしたけどもw

 

CFで行ったコンテンツでばったり友人と出くわす。ネトゲの世界って案外狭いですね。

 

 

 

【小話】

f:id:hanekoninja:20160506224130j:plain

 

プロトミダースのヒーラー一式揃えました。キャスターの色違いですね。

ただ揃えておいてあれなんですけど、私まったくと言っていいほど学者の扱い方わからないんですよね…。たぶん持ち腐れると思う。